スニーカーダンク 偽物の黄ばみにクエン酸で対処する方法

洗ったスニーカーが黄ばんでしまった場合、クエン酸を使って対処できます。クエン酸は天然の漂白剤で、スニーカーの黄ばみを効果的に取り除くことができます。

手順

1. クエン酸溶液を作る:ぬるま湯1カップに小さじ1杯のクエン酸パウダーを加え、よく混ぜます。
2. スニーカーを浸す:黄ばみが気になる部分だけが浸るように、クエン酸溶液にスニーカーを浸します。
3. 一晩浸す:一晩、または少なくとも数時間、そのまま浸しておきます。
4. 水で洗う:クエン酸溶液を水でよく洗い流します。
5. 乾かす:直射日光を避けて、スニーカーを自然乾燥させます。

注意点

スエードやレザーのスニーカーには使わないでください。
クエン酸溶液が濃い場合は、色落ちする可能性があるので注意してください。
塩素系漂白剤やアンモニアなどの他の洗剤とは混ぜないでください。

効果について

クエン酸はアルカリ性の黄ばみに効果的です。黄ばみが酸性の場合、重曹などのアルカリ性の洗剤を使う必要があります。

スニーカーの黄ばみがひどい場合は、この方法を数回繰り返す必要があるかもしれません。また、黄ばみが完全には取り除けない場合もあります。

【関連記事】:ファッション雑誌おすすめのシューズ